2022年9月25日日曜日

鍼灸の大家

  5月に関東の大家、9月に九州の大家を訪問。

 共通するのは、宇宙法則と、恬淡虚無(心静か・虚心)。

 これは、まさに『老子』なのである。

 お二人にお会いして、恬淡虚無の者を、身をもって感じられたのが、なによりの収穫でした。

 宇宙法則・恬淡虚無ということを、理解できるようになったとしても、身をもって知り、さらりと話せるまでは、あと何十年はかかるでしょう。

赤緑色弱

  小学校・中学校の時、○が一杯あるアジサイの花のような絵本を見せられ、その中でみえる数字を答えよという色覚検査があり、色覚異常のある生徒は、数字が読なかったり、(他の生徒が読めない)数字が読めたりして、判定される。

 前の生徒はやすやす読めているのに、ぼくは読めない。読めないから、枠外のページ数を読んでいたのです。というわけで、赤緑色弱と判定されましたが、ちいさなコンプレックスでもあります。今は、そういう検査は差別になるからと言って、やってないらしい。

 赤緑色盲だと、赤と緑が区別できなくて、赤緑色弱だと、赤と緑の区別に苦労するのです。まぎらわしいというか。色には自信がないので、色の判定は避けてとおっている。

 男子に隔世遺伝するらしいから、二番目の孫が赤緑色弱の可能性がある。、

 

2022年9月19日月曜日

豚毛のはぶらし

 半年以上はつかっている、わが、豚毛のはぶらし(左)。新品(右)と比べて、長さが減っている。しかし、毛先は真っすぐなままなので、使い勝手はかわっていない。

 ナイロンの歯ブラシだと、毛先が広がって、使い物にならなくなるが。自然素材は、エコだね。

 浜松町の貿易センタービルをはじめて見に行ったのは、18歳のころ。半世紀少し前。新宿のビル群ができる前だったと思う。貿易センタービルは、寿命を迎えて、解体作業中で、残すところ3分の1くらいか。新宿のビル群も、おいおい寿命を迎えるのでしょう。

 東北新幹線の橋脚で未修理なのが何カ所。というニュースが流れていました。高架にしなくて地面を走れば、橋脚の修理はいらないのに。それだって寿命がくるのでしょう。そういう意味では、地面をはしる在来線は寿命がながいね。急ぐために無駄なお金をかけているのだけど、どちらがもったいないのか。

 こういうことが、鍼灸治療の息がながさの理由かもしれません。

 

2022年9月8日木曜日

手をあわせて拝む

  加地伸行『儒教とは』によれば、葬式では、仏教はご本尊に手をあわせて拝むが、儒教では死体に手を合わせて拝む、という。まれに、お坊さんを拝む人がいるが、それは間違いだそう。

 今日、前首相が、前々首相が暗殺された現場に行って、手を合わせて拝んでいた。はて、何を拝んでいたのだろう。事故現場では、花を手向けて、その花の向こうに手を合わせて拝んでいる。はて、何を拝んでいるのだろう。その現場にいるとおもわれる霊魂に向けてなのだろう。

 東日本大震災では、海に向かって手を合わせて拝んでいる人もいた。海のかなたにいるだろう霊魂に向けてなのだろう。

 手を合わせて「いただきます」という相手は、食べる機会を与えてくれた「天」なのかもしれない。

 これらが日本人の変なクセでなければ、日本には、手を合わせて拝む仏教マナーがあり、儒教のマナーがあり、日本独自の霊魂や天神などを拝むマナーが存在していることになる。

 霊魂に対しては鎮魂の精神が込められていて、天神に対しては崇敬の精神がこめられている。こしてみると、なんだか、複雑。

白洲正子『近江山河抄』

 どこかの陶工の談話で、陶器を造るには、十年間は土もみをしないと、一人前になれないといっていた。陶土をもむというのは、辛い仕事で、何百回もこねている間に、次第にきめが細かくなる。しまいには、気持ちがいいほどなめらかかになるが、それとともに心も静まってくる。自分はそういう風にして、自分の土を発見した。近頃は、どこの土でも自由に手に入るし、あらかじめ機械で練ってあるから、手間は省けるかわりに、自分の土を自分の手で発見する喜びがない・・・

 いい話が乗っていたので、引用しました。

 大した訓練を経ていない自分が、いい話だというのもおこがましいが、これに発奮して、これから訓練すれば良いのであるから、おこがましくもないのである。100歳まで30数年あるし。


おおたかしずる(没)

 9月5日に新聞のおくやみ欄に、大高静流さんの訃報が。69歳だと。1953年生まれだから、3コ年上。CDが一枚くらいあったかと思って、探してみたら、無し。テレビCMで、よく流れていたから、知っていたのかも。

 新聞でかならず見るのがおくやみ欄。かつて、信濃毎日新聞をみることがあって、1ページをつかったおくやみ欄には驚きました。同じ地方紙である仙台の河北新報でも、そのような大々的なおくやみ欄はなかったから、その地区のとくちょうなのでしょう。


 

2022年8月23日火曜日

仙台育英

  出身校の仙台育英が、甲子園で優勝。在学が半世紀前なので、思いはさほど重くはないけど。在学中も甲子園出場で、1500円くらい集められたと記憶している。

 当時、普通部と商業部があり、それぞれ15クラスづつ、合計30クラス。3学年だと90クラスになる。40人が在籍していたとすれば、1学年1200人、3学年3600人。マンモス校でした。

 公立高校入試で落ちた学生が、仙台市内の私立高校に掬い上げられて、その1校でそんな学生数でした。いま振り返れば、受験した学校が仙台のはずれで、拾われた学校が宮城野原駅前でしたから、落ちて良かったかもしれません。

 一応入試があり、成績順で、1組・2組・3組・4組にわけられ、それ以外は組に差が無かったとおもう。どういう分けか、1組にはいって、高校生活が始まったのですが、おどろいたことに、すでに2浪者が数人、1浪者も10人くらいはいました。大学はいるのに浪人とは聞いていたけど、高校浪人もいたのです。

 2浪の一人のⅯ君は、秋田市の出身で、矢本町(現東松島市)の親戚の家から通っていて、親戚の家にも、実家にも遊びにいきました。もうひとりのS君は、仙台に住んでいて、あそびに行くと、よくビールを飲んでいました。S君の親父が経営している土木工事の手伝いで、福島の山の中の送電線の工事現場にアルバイトに行ったこともあります。そういえば、S君が運転する車で、川崎に行ったことがある。

 いろいろ思い出したら、すごい学校だったんだなあ。